社会に影響を与えた人と、何もなさざる人が同じ扱いでは納得できない

  • 社会に影響を与えた人と、何もなさざる人が同じ扱いでは納得できない はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

機会は平等、結果は公平であるべき目覚めた人は死ねばひとつの命に帰っていくという考えがあります。

ワンネスという考えがこれに当たるのかどうかはわかりませんが・・・。

 

<font size=”6″>納得いきません!</font>

 

人生を一生懸命に生きて社会的にも大きな影響を与える人がいます。

松下幸之助さんとか、スティーブ・ジョブズさんとか・・・。

 

別の意味で社会に大きな影響を与えた人もいます。

麻原彰晃とか、ウサマ・ビンラディンとか・・・。

 

これらの人々が死後、同じ一つの命に帰るってこと納得できますか?

もしそうなら生きている間に、他人に迷惑をかけようが自分のやりたいことをやった方が得ですよね。

 

大勢の人がそんな風に考え始めたら社会はどうなるのでしょうか。

生まれてきて経験したことや学んだことをエゴ(自我)と言って切り捨てるなら

わざわざ生まれてくる必要性が感じられません。

 

自分が今経験していることは未来永劫自分の経験として残ると信じるからこそでやれる部分もあるはずです。

辛い経験を乗り越えてもその経験がリセットされるなんて虚しすぎるではありませんか。



  • 2013 10.30
  • 社会に影響を与えた人と、何もなさざる人が同じ扱いでは納得できない はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

ベルタ酵素ドリンク公式サイト

ベルタ酵素ドリンク

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

无觅相关文章插件,快速提升流量